保育士になるために必要なこと

2016年06月27日保育士になるために必要なこと はコメントを受け付けていません。

保育士資格を取る方法

子供が大好きな人、子供と関わりたい人は、保育士の仕事をしたいと考えるのではないでしょうか。保育士になるには、資格を取る必要があります。資格を取るための方法は、保育士養成課程のある学校へ通って単位を取得するか、保育士試験に合格するかの二通りあります。どちらも資格を取得することができますが、学校に通って専門的な勉強をする方がお勧めです。試験のための自己流の勉強も可能ですが、一人でするには根気と努力が必要です。高校卒業後、養成課程のある短大や大学に進むと良いでしょう。

保育士になるための学校での勉強

保育士になるための学校では、様々なカリキュラムが組まれています。座学はもちろんですが、一〜二週間程実際の幼稚園や保育園に実習にも行きます。そこで実際に子供たちと接し、先生方の現場の声を聞くことができます。子供が好きでないとできない仕事ですが、体力や精神面など好きだけではどうにもならない部分がでてきます。先生方の話を聞くことによって、本当に自分はこの仕事をしたいと思えるのか見極めるためにも大切な時間となります。

保育士としての就職の実態

保育士の主な職場は保育所や幼稚園ですが、児童施設や学童保育所などに就職するときに資格が必要な場合もあります。働く女性が増えているため、企業の保育施設など必要とされる場面が多くなってきています。しかし、一番懸念されていることはお給料の少なさです。実際の労働時間に対し、お給料が見合ってないことが今問題視されています。仕事を続けたくても、体力や金銭面から諦めてしまう人もたくさんいるのが現状です。これから改善されることを願いますが、そういったリスクを踏まえた上で本当に目指したい職業であるという、信念を持って仕事に臨むことが大切です。

保育士の求人を大阪で見つけることができます。常勤だけではなくアルバイトやパートも見つけることができるので資格を活かせます。